ブログ

2019年12月26日

ふくらはぎ つる原因・対処法

 

西浦和はり灸整骨院の前田です

 

今回は、この時期に多いふくらはぎがつってしまう事について、お話させて頂きます。
つる原因としては、大まかに4つあります。

 

①腰の影響
②運動の有無
③冷え
④水分不足

 

それでは、一つ一つ説明させて頂きます。

 

①腰の影響
腰の神経症状の疑いがありますよ!
腰から出ている神経は、足の裏面の筋肉の支配神経でありますので、腰痛のある方は、腰由来の神経症状の疑いがあります。

 

②運動の有無
過剰に運動をしていても、運動不足でも、つる原因となります。

 

③冷え
人間は冷えを感じると、筋肉を震わせて、熱を作ります。その結果、つる原因となります。

 

④水分不足
水分不足が、冬に一番多い原因となります。

 

人間は1日2L必要とします。

 

汗をかく時期だと、目に見えて自分の身体から、水分が放出しているのが分かりますが、冬の時期は水分が身体から出ている自覚がありませんよね。
しかし、1日に排尿や、呼吸で、約900ml排出されています。
ご自分の意識の無いうちに、水分が放出されていますよ。

 

そこで食事では、約300ml~500ml水分の摂取が出来るので、プラス約1.5Lを摂取しましょう!

理想は、水か、白湯で水分補給する事です!

お酒以外の水分なら、何でも良いですよ。
しかし、お茶や、コーヒーでの水分補給は、利尿作用がありますので、注意が必要です。
目安としては、一時間にコップ一杯摂取する事ですよ!

 

ふくらはぎだけではなく、身体が『つる』と、言うのは、神経が異常興奮の状態なので、それを静める必要があります!

 

神経は伸ばされる事により、興奮が静められます!
そこで対処法としては、『ストレッチ』です!
なぜなら、神経の走行は筋肉と平行なので、筋肉をストレッチすると、神経も同時に伸ばされるからです!

方法としては、身体を温めた状態たいで、痛みを感じない程度伸ばす事です!なので、起床時の身体は、柔軟性がかけている為、避けた方が良いでしょう。

 

ふくらはぎの場合は、アキレス腱伸ばしが、有効です!

 

ご自分が、『伸びてるなー』って、思うところで、15秒止める事です!
痛みを感じるまでやっては、ダメですよ!
なぜなら、痛みを感じている状態では、筋肉に力が入り、縮めようとしてしまうからです!

 

1日にどれくらいストレッチをやれば良いかというと、気になったら、何度でもやって下さい!
無理なくやって頂ければ、結構です。

 

最後に、しっかりご自分の原因を把握して頂き、予防をしていきましょ!

ご自分では分からない事がありましたら、当院までご相談下さい!

 

年末は、12月30日の午後8時まで、受付をしております。
年始は、1月4日より通常診療を行っております。

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

  ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
シミズメディカルグループ  さいたま市、浦和と西浦和
~足のピークパフォーマーを目指して~
http://www.simizu-medicalgroup.com/
①うらわ仲町整骨院 浦和駅徒歩7分
住所:埼玉県さいたま市浦和区仲町2-17-1-101 TEL:048-822-8855
②西浦和はり・灸整骨院 西浦和駅徒歩5分
住所:埼玉県さいたま市桜区田島5-20-15 TEL:048-864-5600
③生涯歩くために!ヘルシーステーションNOAH 埼玉県庁近く
住所:埼玉県さいたま市浦和区仲町2-17-1 TEL:048-825-2727
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

PAGE TOP