ブログ

2021年11月23日

ギックリ腰予防筋トレ!

西浦和はり灸整骨院の前田です。

今回は、ギックリ腰予防筋トレについて、お話ししたいと思います。

身体のバランスが悪いと、様々な疾患に繋がります。

その中で最近増えている、ギックリ腰の予防に対する筋トレについて、お話しさせて頂きます。

コロナ禍の今、テレワークや、外出を控えたりなど、座っている時間が長くなり、身体を動かす機会が減ってしまっている方が、増えています。

そうしますと、足の筋肉が衰え、骨盤傾斜が崩れギックリ腰を引き起こしやすい身体になってしまうのです。

それでは、骨盤の前側に付着している、腿の前側にある筋肉と、臀部の筋肉の筋トレから始めましょう。

膝の曲げ伸ばしをする、スクワットです。

ポイントは、膝を曲げた時に、つま先と膝の方向を揃え、つま先より膝が前に出ない事です。

膝と、つま先の方向が揃わず、膝が内側に入った状態で、スクワットをしてしうと、膝を痛めてしまうからです。

スクワットの姿勢を注意しながら、ゆっくり曲げて、素早く伸ばしましょう。

これを、20回行って下さい。

次に、骨盤の後側に付着している、腿の裏側筋肉の筋トレです。

仰向けに寝て頂き、膝を腹筋する様に曲げます。足幅は肩幅にして下さい。

この姿勢で、臀部を上に突き上げるように、動かします。

この時のポイントは、肩から膝までが、一直線になる事です。

体幹が反る様な姿勢になってしまうと、腰を痛めてしまいますので、注意して下さい。

これも、20回行って下さい。

次に、体幹の深い筋肉の筋トレを行いましょう。

仰向けに寝て頂き、膝は腹筋をする様に曲げて下さい。足幅は肩幅にして下さい。

この姿勢で、背骨が床に押し付ける様に、動かして下さい。

この時のポイントは、上半身を動かすというよりも、骨盤を動かすイメージで行って下さい。

これを20回行って下さい。

この三種の筋トレを、一日3セットを目標に行って下さい。

筋トレの回数は目安なので、初めはご自分に合わせて、痛みを感じない程度の回数から、行って下さい。

筋トレを行った後は、前回のブログを参考に、しっかりストレッチも行って下さいね!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

#筋トレ

#腰痛

#腰痛予防

#ギックリ腰

#西浦和

 

 

 

  ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
シミズメディカルグループ  さいたま市、浦和と西浦和
~足のピークパフォーマーを目指して~
http://www.simizu-medicalgroup.com/
①うらわ仲町整骨院 浦和駅徒歩7分
住所:埼玉県さいたま市浦和区仲町2-17-1-101 TEL:048-822-8855
②西浦和はり・灸整骨院 西浦和駅徒歩5分
住所:埼玉県さいたま市桜区田島5-20-15 TEL:048-864-5600
③生涯歩くために!ヘルシーステーションNOAH 埼玉県庁近く
住所:埼玉県さいたま市浦和区仲町2-17-1 TEL:048-825-2727
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

PAGE TOP