ブログ

2022年02月21日

頸部痛の対処法

西浦和はり灸整骨院の前田です。

蔓延防止の延長も決まり、在宅ワークの方が続く様ですね。

当院の患者様も、在宅ワークをされている方の中で、頸部痛で悩んでいる方が増えた様に思います。

使い慣れたデスクでの仕事ではなく、慣れない環境で仕事せざる負えなくなっているのが、原因かと考えられます。

何故かと申しますと、姿勢が崩れてしまうからです。

仕事用のデスクでは、パソコン画面と、目線の関係性が良好になっておりますが、ソファーなどに座っての仕事だと、パソコン画面が極端に下にある状態となります。そうしますと、目線が下がり、前傾姿勢、いわゆる猫背となり、姿勢が崩れた状態で長時間仕事をすることとなります。猫背が続くと、肩は、内側に入り、顎は上がり、頚椎に常にストレスを与える事により、少ない力で首を痛めてしまうのです。

なかなか在宅ワークの環境を変えるのは、難しいところだと思いますので、肩周りのストレッチをお勧めします。

まず行うのは、デスクワークで縮こまった、胸(デコルテライン)のストレッチになります。

座った姿勢で、後ろで手を組みます。次に顎を引きながら、後ろで組んだ手を上方向へ持ち上げていきます。首の前側から、胸の上側あたりが伸びるのを感じたら、15秒キープしてください。これを3回繰り返します。

次に行うは、肩甲骨の間のストレッチになります。

座った姿勢で、両腕を肘を伸ばした状態で、肩の高さまで上げます。この状態で手を組みます。次に首を前に倒しながら、組んだ手を前方向に伸ばしていきます。肩甲骨を剥がすイメージで行ってください。首の後ろ側から、肩甲骨の間が伸びるのを感じたら、15秒キープしてください。これも3回繰り返します。

ストレッチを行う時のポイントは、痛みを感じない程度に行う事、継続して行う事です。心地良いと感じる程度で十分効果がありますので、毎日行う様にして下さい。

本日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

#テレワーク

#ストレッチ

#頸部痛

#蔓延防止

#肩甲骨ストレッチ

 

 

  ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
シミズメディカルグループ  さいたま市、浦和と西浦和
~足のピークパフォーマーを目指して~
http://www.simizu-medicalgroup.com/
①うらわ仲町整骨院 浦和駅徒歩7分
住所:埼玉県さいたま市浦和区仲町2-17-1-101 TEL:048-822-8855
②西浦和はり・灸整骨院 西浦和駅徒歩5分
住所:埼玉県さいたま市桜区田島5-20-15 TEL:048-864-5600
③生涯歩くために!ヘルシーステーションNOAH 埼玉県庁近く
住所:埼玉県さいたま市浦和区仲町2-17-1 TEL:048-825-2727
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

PAGE TOP